男性のコンプレックス!包茎治療の悩み

男性のコンプレックスになっている包茎治療ですが、こちらのサイトでは包茎の治療法等、包茎に関する情報を紹介しています。 - 包茎手術が必要な人

包茎手術が必要な人

包茎手術を受けることによって、包茎というコンプレックスを解消することができるかもしれません。しかし本当に包茎手術が必要かどうかはしっかりと判断する必要があるでしょう。
包茎手術が本当に必要かどうか判断が難しいという場合の包茎の状態に、カントン包茎があります。
カントン包茎は真性包茎と仮性包茎の間のような状態です。
通常時は亀頭を露出させることができますが、勃起時などには包皮を剥こうとすると痛みが出るなどの症状があります。仮性包茎は勃起時にも包皮を剥くことができますし、真性包茎は通常時にも亀頭を露出することができません。なのでその中間程度の状態だといえるのです。
カントン包茎は無理やり包皮を剥いて亀頭を露出しようとすると、痛みが出ます。真性包茎の状態で亀頭を無理やり露出しようとすると激しい痛みが出たり、包皮が避けてしまうこともあります。カントン包茎でも同じような状態になることもあります。
無理やり包皮をむいたことによって、包皮が亀頭を締め付けた状態になってしまい、その状態から元に戻らないということもあります。この状態で放置していると亀頭がうっ血してしまい、最終的に亀頭の組織が壊死してしまいます。そのためこのような状態になった場合には早急に手術が必要といえるでしょう。
しかしカントン包茎と言っても軽度の場合には、締めつけ感はあるものの亀頭を露出することができるという場合があります。
この場合には包茎手術が必要ないかもしれませんね。もし判断が難しいという人は、まずは包茎に悩むあなたに安全な知識で選ぶ包茎クリニックで調べるか医師に相談してみるのがいいでしょう。

Copyright(C)2014 男性のコンプレックス!包茎治療の悩み All Rights Reserved.